b's mono-log

 1 |  2 |  3 |  4 | all

2019/08/05 (Mon.)

PUMA NRGY NEKO RETRO

平日がビジネスシューズ生活になってからスニーカーを履く頻度がすっかり減ってしまったのですが、久しぶりに新しいスニーカーを買いました。

PUMA / NRGY NEKO RETRO (PEACOAT/WH/HI)

PUMA NRGY NEKO RETRO

私としては珍しいプーマ製スニーカーです。久々にスニーカーを新調するにあたり、レッドブル・ホンダサポーターとしてはレッドブルチームのオフィシャルサプライヤーであるプーマを買って応援しようと考えました(ホンダ F1 のサプライヤーはアシックスだけど)。
この NRGY NEKO RETRO は私好みのオーソドックスなランニングシューズ系デザインに、ネイビー×レッドのカラーリングがレッドブル F1 チームっぽさを感じさせるところが気に入って購入(笑。これならチームウェアと組み合わせても違和感ありません。

PUMA NRGY NEKO RETRO

このクツ、アッパーはクラシックなデザインだけどソールは近年流行りの高反発系ソールを採用しています。個人的にはこういうオールドスクール×ハイテクのハイブリッド系スニーカーが好きなんですが、どのメーカーもたまにこういうのを出してもすぐにやめちゃうんですよね。やっぱり定番は定番でなければ売れないんでしょうか。

発泡スチロールにも見えるミッドソールには「NRGY」と名付けられています。これ、ほぼ同じようなものがアディダスの「boost」ソールとして先に売られていたと思うんですが権利的に大丈夫なんですかね?また素材は高分子系だと思われますが、一般的に言って高分子系は経年劣化しやすい傾向にあるはずなのでどのくらいもつかは気になるところ。

PUMA NRGY NEKO RETRO

アウトソールは黒ではなく茶色系のゴムになっていて、アッパーのデザインも相まってビンテージスニーカー然とした雰囲気を醸し出しています。

PUMA NRGY NEKO RETRO

インソールには低反発系の「ソフトフォーム+」。これと NRGY ミッドソールの組み合わせで高い衝撃吸収性を持ちつつも、高い反発性で歩いたり走ったりするのが軽くなる感覚があります。こういうハイテク系ソールのスニーカーってしばらく履いてなかったので、今のってこうなってるのか...!と軽く目から鱗が落ちますね。

サイズ的にはいつも履いてるスニーカーよりワンサイズ大きい 28.0cm がフィットしました。やっぱりプーマのスニーカーは幅が狭めですね。

PUMA NRGY NEKO RETRO

なおこのシリーズにはアッパーのデザイン違いで他にもナイロンメッシュ製のスタンダードなハイテクスニーカー系、ニット素材を採用した流行りのタイプなどバリエーションがあります。まあ私はオーソドックスなレトロ系デザインで十分です。

今年はちょっとスケジュール的に難しいですが、来年はこれを履いて鈴鹿に F1 観戦に行きたいなあ。

投稿者 B : 22:33 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2019/02/28 (Thu.)

madras×MIZUNO のビジネスシューズ

マドラスとミズノのコラボビジネスシューズ。デザイン性と歩きやすさを両立 - Impress Watch

シューズメーカーのマドラスとスポーツメーカーのミズノが共同でデザインと歩きやすさを両立させたビジネスシューズライン「madras Walk MIZUNO SELECT」を発売するとのこと。

仕事用の革靴として先日アシックスの「Runwalk」を買って以来、次もこれ以外考えられないくらい気に入っている私としては、同じようなセグメントを狙ってきたこの製品もすごく気になるところです。

Runwalk も本来スポーツメーカーであるアシックスが自社で全部作っているにしてはデザインも質感も十分高く、フォーマルなビジネスシーンで使っても違和感がないシューズだと思います。一方、マドラスって私は履いたことがありませんが、通常ラインの製品写真を Web で見る限りではオーソドックスながら品の良いデザインのアッパーとレザーの染色や仕上げの美しさが印象的。この仕上げの良さは今回のコラボモデルでも引き継がれるようで、この綺麗な革靴でさらに歩きやすいというのであればけっこう魅力的です。一方ミズノのシューズというと私は少年野球時代のスパイクと中学時代のテニスシューズ以来履いておらず、機能的にはちょっと未知数。少なくともブランドイメージ的にはアシックスのほうが歩きやすい靴を作りそうな印象はあります。

ビジネスシューズって消耗品なので、必要以上に高級品を買うのもちょっと気が引ける。そういう意味ではこのような 2~3 万円で機能性とデザインを両立させたビジネスシューズというのは個人的にはちょうど良いセグメントだと思います。私は今のところ革靴は三足で回しているから取り急ぎ足りているけど、このマドラス×ミズノの製品が出たら一度お店へ試し履きに行ってみたいところです。

投稿者 B : 20:57 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/22 (Sat.)

ABC-MART と無印良品のシューキーパー

革靴を新調したら必要になってくるのはシューキーパー。脱いだら湿気を取って型崩れを防いでやることが長く履くためのコツです。
今までは革靴を一足しか持っておらず、シューキーパーも一本しかなかったので、このたび買い足しました。

シューキーパー

一口にシューキーパーと言っても価格帯はピンからキリまであり、どれを選んで良いかよく分かりません。とはいえ高級ブランドの靴を履くわけでもなく、靴もある程度は消耗品と割り切るのであればリーズナブルな価格で最低限の機能を果たしてくれるシューキーパーで良いのではと考え、この二つを買ってみました。

一つは ABC-MART のビジネスシューズ売場に山積みされているプライベートブランド品、もう一つは無印良品のシューキーパーです。どちらも二千円台前半で、簡易バネ式でないタイプとしては安価。取り扱っている店舗も多く、入手性はかなり良いと言えます。

シューキーパー

どちらもレッドシダー材を使ったシングルパイプ型のシューキーパーということで同じように思えますが、実際に比べてみると形状からしてずいぶん違います。
どっちが良いか、ちょっと比べてみました。

MARKEN / シダーキーパー RED CEDAR

MARKEN シダーキーパー

まずは ABC-MART のシダーキーパー。MARKEN というシューキーパーメーカー製のプライベートブランド品、というより OEM に近い製品のようです。かなり安いけどちゃんと左右で形状が変えてあったり先割れだったり、押さえるべきところは押さえてある感じ。

MARKEN シダーキーパー

靴に入れてみました。パイプの付け根の部分がかなり自由にスイングするので、出し入れはしやすい。
履いたときに最もシワの寄りやすい甲の部分は十分に伸ばしてくれています。一方で踵の部分は細くなっているので、柔らかい革靴だと踵の部分から型崩れしそうな不安はありますが、内蔵スプリングがそれほど強くはないのでサイズが合っている限りは問題ないでしょう。

MARKEN シダーキーパー

内側を見てみると、つま先部の形状がそれほど大きくないためにタンの部分まではカバーされていないのが分かります。それでも履いているうちに反ってシワができやすい部分についてはちゃんと伸ばされており、十分に用は足してくれていると言えます。

続いて無印のキーパー。

無印良品 / レッドシダーシューキーパー

無印良品 レッドシダーシューキーパー

MARKEN のキーパーと比べると木の部分が大きく、靴を全体的にしっかり伸ばしてくれそうな形状。なおパッケージには紙ヤスリが同梱されていて、シダーの香りが消えてきたら表面を削って香りを復活させることができます。

無印良品 レッドシダーシューキーパー

靴に入れてみると、踵のパーツがちゃんと足形になっていることもあって、MARKEN よりもくまなく全体を伸ばしてくれています。そのぶん MARKEN よりは出し入れがしにくいけど、安心感はこちらの方が高いですね。

無印良品 レッドシダーシューキーパー

ただ内側を見るとこのキーパーでもタンの部分には届いておらず、日本人の甲高盤広足に合わせたシューズには無印のキーパーでもちょっと足りないようであることが分かります。つまりは踵の形以外は無印でも MARKEN でも「ほぼどっちでもいい」ということなのかもしれません。細身のローファータイプあたりなら無印のキーパーはジャストフィットしそう。

値段もよく似たこの二つのシューキーパーですが、どちらかといえば個人的には無印のほうが好みかな。でも普段履きの革靴を任せる程度ならばどちらでもほぼ不満はありません。
今回比べてみてシューキーパーにもいろいろあることが分かったので、次に革靴を買い足すときにはもう少し奮発してツインチューブタイプも試してみようかと思います。

投稿者 B : 21:58 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/17 (Mon.)

COLE HAAN のビジネスシューズ

革靴は長く保たせるためにせめて三足で履き回したい、というわけで、先日の Runwalk 以外にもう一足買ってました。

COLE HAAN

昔から革靴を買うなら一足は履いてみたいと思っていた COLE HAAN ブランドの「MADISON PLAIN OX II」というモデル。ビジネスシューズとしてはちょい高めの部類に入るブランドですが、ちょっと前に幕張メッセに行く用事があったついでに駅前のアウトレットを覗いてみたら、気に入ったものがお手頃価格で出ていたので半ば衝動買いしてしまいました。

シンプルなプレーントゥで色名は「チェスナット」だけどかなり深いダークブラウン。どんな色のスーツにも合わせやすい感じではあります。

COLE HAAN

しなやかな牛革製で私好みの質感。でもちょっとしたことでキズがつきそうで、こまめに手入れしてやる必要がありそう。
色はブラウン系だけどソール、タン、シューレース、中敷きはブラックという密かなツートンカラーなのがちょっとお気に入り。

COLE HAAN

ちなみにこの靴、内側に「WATERPROOF」のタグがあるとおり防水仕様になっています。

近年はゲリラ豪雨で帰宅時に大雨に見舞われることも少なくないので、そういう季節で使うことも考えて防水シューズが一足は欲しかった。
実はプレーントゥにしたのも、他のデザインより縫い目が少ない方が水の浸入を防げるのでは、と考えたためでもあったりします。

COLE HAAN

というわけでソールはラバー製。細かい溝が切られていて降雨時でも滑る感じはありませんが、歩いた感じはさすがに少しラバー感がありますね。
また全体的な作りもオーソドックスなドレスシューズなので、Runwalk あたりと比べるとアッパー、ソールともにクッション性では敵いません。

COLE HAAN

履き心地としては、アメリカメーカーの靴だけあってやや細身で、ジャストサイズを選ぶと少し足入れがキツい感覚。初日はそれなりに靴擦れしましたが、革のしなやかさもあってすぐに馴染んできました。COLE HAAN らしく見た目が美しいし、気に入っています。

とはいえメインのビジネスシューズがプレーントゥとストレートチップ、というのはいくらなんでもコンサバすぎたかな、と我ながら思っています。もう一足買うならデザイン、色ともにちょっと変化球を攻めたいところです。

投稿者 B : 23:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2018/12/11 (Tue.)

走れるビジネスシューズ「Runwalk」

これまで仕事に行く服装はカジュアル+スニーカーで通してきましたが、転職して十数年ぶりにスーツ生活に戻りました。今まではスーツを着ても年に数度だったから革靴も一足あれば足りてましたが、毎日となると何足かを履き回したほうが靴も傷みにくい。というわけで、以前から買うならこれかなと考えていたビジネスシューズを試してみました。

メンズビジネスシューズ | ランウォーク Runwalk | アシックス - ASICS

Runwalk

アシックスが出しているビジネスシューズブランド「Runwalk」の製品です。スポーツシューズメーカーのビジネスシューズなんて邪道という向きもあるでしょうが、少なくとも徒歩移動が中心の都内でサラリーマンとして働くならば、長時間歩いても疲れにくい・傷みにくい靴であることは必須だと思っています。そういう意味でスポーツシューズやウォーキングシューズを作り続けてきたメーカーが作るビジネスシューズというのがどういうものか、前々から気になっていました。

この歳になって改めてスーツに革靴で通勤するのって社会人を一からやり直してる感覚があるし、初心に返ろうと思って敢えて最もオーソドックスなラウンドトゥ/ストレートチップの「WR15UT」というモデルを選んでみました。

Runwalk

3E ワイズだけどシュッとして見える美しい形状。革の光沢感も程良い感じだし、薄めのラバーソールはいかにもゴム感がなくて良い。自己主張が強い靴ではありませんが、少なくとも「足下を見られる」こともない、良い塩梅だと思います。

Runwalk

腰裏には滑り止めを兼ねたクッション材が貼られていて、踵の当たりがソフト。履き始めの頃にありがちな靴擦れもありません。一般的にインナーにクッション性を持たせた革靴は厚みが出て野暮ったくなりがちですが、Runwalk ではいったん履いてしまえばそうとは気付かない程度に薄く仕上げてあり、見た目と履き心地のバランスが秀逸です。

Runwalk

Runwalk の最大の特長はクッション性の高いソールと中敷き。踵部には同社のランニングシューズでおなじみ αGEL が内蔵されており、中敷きや踏みつけ部のクッション性の高さもあって革靴を履いているとは思えない柔らかな履き心地。ソールやアッパーの柔軟性も高くて足の動きに追従してくれる感覚があり、これは今まで履いてきた革靴の中で一番歩きやすいと断言して良いレベルです。スニーカー感覚とまでは言わないけれどウォーキングシューズに近い、長時間歩き回るのも苦にならない気持ち良さ。

Runwalk

普通、革靴って足に馴染むまでは歩きにくくて「失敗したかな~」と思いながら数日過ごすことが多いんですが、この靴に限っては初日の歩き始めから実によく馴染み、すぐに気に入りました。今後はもう他のメーカーの革靴を履く気が起きないくらい。今回はむしろつまらないくらい無難なデザインの紐靴を選びましたが、個人的にはスリッポン/ローファータイプが好きなので、今度は少し遊び心を加えたデザインのスリッポンタイプを狙ってみようかと今から考えていたりします。


投稿者 B : 22:18 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2017/03/27 (Mon.)

MERRELL DUSKAIR MOC

ちょっと気が早いですが、夏用のスニーカーを新調しました。

MERRELL / DUSKAIR MOC (BLUE WING)

MERRELL DUSKAIR MOC

4 年前に買って愛用していたパスウェイモック・キャンバスが去年の時点でだいぶ傷んできて、来年は買い換える必要があるなあ...と思っていたところで、たまたまこのダスクエアーモックのキャンバスモデルが安くなっていたので、早めに確保。ヒモなし靴が好きだし、履いていてラクだからここ数年 MERRELL のシューズばかり買ってしまっています。

MERRELL DUSKAIR MOC

最近はジャングルモック系の分厚いソールよりもこういうスッキリしたソールのほうが好み。プレーンな感じのアッパーデザインと涼しげなブルーも相まって、爽やかな印象です。ジーンズよりも淡色のチノやリネン系のパンツに合いそう。
キャンバス地は柔らかめでパイピングも入っていないので、履いてない状態で写真を撮るのが難しかったです(;´Д`)ヾ。

MERRELL DUSKAIR MOC

ソールにはトロピカルな感じのパターンが刻まれています。去年買ったバスクモックは世界地図だったし、最近の MERRELL のソールは凝ってるなあ。

デッキシューズ系のデザインってスッキリしていて好きなんですが、ソールのクッション性が弱いものが多くて今まであまり手を出したことがありませんでした。でもこのソールならある程度クッション性は期待できそう。

MERRELL DUSKAIR MOC

サイズはジャングルモック同様にジャストサイズ(いつも履いているスニーカーより 0.5cm 小さめ)がピッタリでした。キャンバス地なので多少ピッタリめのほうがフィットしてくれそうです。

涼しめのシューズを買うと夏が楽しみになりますね。桜の季節を前に関東は冬に逆戻りしたかのような気候ですが、早く履き始めたいです。

MERRELL / DUSKAIR MOC (BLUE WING)

B01E37DLI8

投稿者 B : 22:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/09/28 (Wed.)

New Balance ML574 Classic 16AW

普段メインで履くのは MERRELL かコレか、というくらいに私の常用スニーカーとなっている ML574 Classic ですが、さすがに 4 年も日々履いているとアウトソールの摩耗が激しく、ついに底に穴が空いて白いミッドソールが露出してきてしまいました。

よく履いているクツだけにこれはちょっと困る、けど買い換えるにしてもこないだ MERRELL 買ったばかりだしなあ...と思っていたところ、ちょうど良いことに Amazon が 9/29 までの 15% オフクーポンを配布していることに気づいたので、すかさず利用(笑

Amazon.co.jp: 【クーポンで15%OFF】シューズ&バッグほか:秋冬新作・定番もお買い得(9/29まで): シューズ&バッグ

このクーポンを使って購入したスニーカーがこちら。

New Balance / ML574 Classic (ハーバーブルー)

New Balance ML574 Classic

同じの買ったのかよ!という総ツッコミを受けそうですが(ぉ)、私にとって M57x シリーズは履き心地が気に入っている定番グツなので、同じのを履き続けたいわけです。
この秋冬の新色は、側面の N マークが白抜きになっていて、とても爽やかな印象。

New Balance ML574 Classic

カラーは「ハーバーブルー」という名前がつけられていますが、ほぼグレーと言って差し支えない色味です。ニューバランスのクラシックスニーカーのフラッグシップモデル「M1300」を彷彿とさせる定番中の定番カラー。憧れの M1300 っぽい気分にお手軽価格で浸れるのが嬉しい(笑
グレー系のニューバランスって定番過ぎてずっと敬遠してきましたが、今回はあえて王道を行ってみました。ジーンズはもちろんのこと、チノ系のちょいキレイめな服装にも違和感なくて、活躍の場が広そうです。

New Balance ML574 Classic

私はクツは基本的にお店でちゃんとフィッティングして買うようにしていますが、こういうサイズ感が判っているクツを買い換えるときはやっぱり Amazon が便利。そしてタイミング良くクーポンを配ってくれるととても助かります(笑。クーポンの期限は 29 日までですが、バッグやスーツケースも対象になっているので、つい他にも見てしまいますね(;´Д`)ヾ。

New Balance / ML574 Classic

B01FD5NNXW

投稿者 B : 00:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/09/22 (Thu.)

NIKE HyperAdapt 1.0

米ナイキ、自動ひも調整シューズHyperAdapt 1.0を11月28日発売。まずは米国内の一部店舗から販売開始 - Engadget Japanese

ナイキの自動靴紐調整シューズ「HyperAdapt 1.0」の発売日がついに決定。まずはアメリカ限定とのことですが、日本での発売が待たれます。

自動靴紐調整シューズと言えば元祖は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II』に登場したもので、実際に靴紐調整機能を搭載した試作品が昨年マイケル・J・フォックスにプレゼントされたそうですが、一般向けにはチャリティーオークション形式で販売されると言われながら結局発売はされず、代わりにこの HyperAdapt 1.0 が一般発売されることになったようです。

まあ BTTF2 の「AIR MAG」はいくらなんでも 1980 年代のレトロフューチャーなデザインすぎてコレクターズアイテム以上ではないと思いますが、今回の HyperAdapt 1.0 は靴紐調整もさることながら、スニーカーとしてのデザインも私好みな方向性でいいですね。フライニット系のプレーンなアッパーに、1990 年代リバイバル風な厚めのソール。土踏まずの部分が青く光るのはちょっとやり過ぎな気もしますが(笑)、バスケットボールシューズ系だった AIR MAG をランニングシューズとして 2010 年代らしくリファインしたらこうなりました的なイメージで、機能的にもデザイン的にもこれは欲しい。
価格や購入方式にもよりますが、発売されたら真っ先に買いたいところです。

投稿者 B : 22:22 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/09/13 (Tue.)

MERRELL BASK MOC

長年愛用している MERRELL のジャングルモックの一本がもうかなりくたびれてきたので、買い換えました。
ジャングルモック自体はとても足に馴染んでいて、色違いでまたジャングルモックを買い直してもいいくらいだったんですが、仕事に履いていくことも多い靴なのでもう少しアウトドアテイストを抑えたものにしようと思い、MERRELL のラインアップの中からこれを選んでみました。

MERRELL / BASK MOC (MOSS)

MERRELL BASK MOC

タウンユース向きデザインのスリッポン。またしても紐なし靴です(笑。
カラーは地味めのモスにしました。ジャングルモックのガンスモークに近い色合いで、ベージュやグレーのチノにもジーンズにも合わせやすい。

MERRELL BASK MOC

サイズ感は、足先の空間は広め、甲は狭め。私の足だとジャングルモックならジャストフィットで 27cm がちょうどいいところ、バスクモックは 27.5cm でないと甲がキツキツな感じ。購入時の感覚では 27.5cm でも甲の締め付けがちょっと強いかな?と思っていましたが、数時間履いて歩いただけで馴染んできました。

MERRELL BASK MOC

ソールはジャングルモックのようなエアークッション式ではありませんが、「MBound」という衝撃吸収系ミッドソールが使われていて、足の疲労を適度に抑えてくれます。エアークッション系ソールは気持ちいいんですが、2~3 年でエアーセルが劣化して割れてきてしまうのが欠点なんですよね。なので最近は科学素材系ソールのシューズを大事に履くようにしています。

MERRELL BASK MOC

靴底には世界地図のパターンが刻まれています。
これを履いて旅に出たくなりますね。通気性はあまり良くないので、もう少し涼しくなってからがいいですが。

MERRELL BASK MOC

飽きの来ないデザインで、長く履けそうなシューズです。
とはいえ MERRELL の公式サイトでは現時点で既にカタログ落ちしていて、これを履き潰してもまた同じのに買い換えられそうにないのが残念なんですが(;´Д`)ヾ。でも気に入ったので、大事に履きたいと思います。

MERRELL / BASK MOC

B00UJ18WQE

投稿者 B : 22:00 | Footwear | MONO | コメント (0) | トラックバック

2016/05/05 (Thu.)

Reebok InstaPump Fury Road

久しぶりに完全なる衝動買い。

Reebok / InstaPump Fury Road (Purple/Violet/Navy/White)

Reebok InstaPump Fury Road

1995 年頃のスニーカーブームの際に大流行した「インスタポンプ フューリー」(のバリエーションモデル)の復刻版。同じ復刻モデルでも、エアマックス '95 は復刻されすぎで今さら履きたいとは思わないけど(2~3 年でエアユニットが破れるし)、ポンプフューリーは気になっていました。
その 20 年前の名作が、しかもこの紫の濃淡ツートーン×藍色というカラーリングで復刻...とか言われたら、これは買うのが私の使命みたいなもんじゃないですか(;´Д`)ヾ。本当は子どものクツを買いに行ったはずの ABC マートで、私が買ってしまったという(ぉ

Reebok InstaPump Fury Road

原色×蛍光色の印象が強いポンプフューリーシリーズですが、紫モデルの派手めながら落ち着いた配色が美しい。
クツの形状自体はオリジナルのポンプフューリーのほうが削ぎ落とされたイメージでカッコイイと思うけど、フューリーロードの 1990 年代っぽいソールの分厚さもイイですね。

Reebok InstaPump Fury Road

この懐かしい「インスタポンプ」システム。このポンプを押すことで、シューレースではなく空気圧で足にフィットさせる仕組みです。この機構はバスケットシューズで先行して搭載されていたもので、私も当時『スラムダンク』からのバッシュブームでシャキール・オニールモデルを履いてたなあ(懐

ちなみにフューリーロードというと今は『怒りのデス・ロード』(の原題)のほうを連想しがちですが、このクツに搭載されているのは輸血袋ではなく空気袋です(ぉ

Reebok InstaPump Fury Road

空気圧でフィットさせるとはいうものの、このクツ自体は足の甲を覆う樹脂パーツによるフィット感のほうが強くて、インスタポンプはむしろ気休め程度にしか効いてないように思います(笑。
サイズ感はちょっとキツめで、私は普段履いているサイズよりも一つ大きめ(10inch/28.0cm)がちょうどでした。

Reebok InstaPump Fury Road

ソールが分厚いのでちょっと重そうに見えますが、ソールの内部には「ヘキサライト」と呼ばれる中空ハニカム構造のクッション素材が使われていて、思いのほか軽くなっています。
ナイキのエアクッションを意識した素材でしょうが、ナイキほど破れやすくないといいなあ(笑

Reebok InstaPump Fury Road

当時すごく欲しかったスニーカーのひとつだけに、こうした形で手に入れることができて大満足です。

最近アウトドアシューズづいてましたが、久しぶりのタウンユース向きランニングシューズ。外を歩くのが楽しくなりそうです。

Reebok / InstaPump Fury Road

B01A6EBCEW

投稿者 B : 15:05 | Footwear | MONO | コメント (2) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all