b's mono-log

2018/12/10 (Mon.)

Dancing Crab

カニ食べに行こうぜ!というお誘いをいただいて、先日こちらのお店に行ってきました。

Dancing Crab(ダンシング・クラブ)

Dancing Crab

新宿駅東口を出てすぐのところにあるこの店。「ダンシング・クラブ」という名前からして、カニの躍り食いをするのか踊りながらカニを食べるのか分かりませんが、少なくとも「カニを食べる」から一般的に想像されるのとは店構えからして異なります。店内からは大音量の音楽が聞こえ、店員さんやお客さんの年齢層も自分より明らかに若い。入る前からなんだか敗色濃厚な気配が漂っていますが、ままよ!とばかりに飛び込んでみました。

注文は、カニやエビ、貝などの魚介類とソースを選ぶだけ。でもアラカルトで選ぶのは大変なので、基本的には「バッグ」と呼ばれる基本セットか「コンボ」というスペシャルセットから選ぶのが良さそう。

Dancing Crab

ま、とりあえず乾杯。クラブ(カニではない方)のような音楽がずっと流れているので、気後れしながらもちょっとずつテンションが高まっていきます。
なおお客さんの大半はお店から提供されるカニのカチューシャを装着して食べています。ここで恥ずかしがるよりは、思い切って乗っかってしまうのが楽しむコツと言えます。

Dancing Crab

まずはシーザーサラダから。お皿ではなくペーパーバッグに包まれた状態で運ばれ、テーブルの上で広げてチーズを削るスタイル。
そもそもテーブル自体に防水コーティングされた使い捨ての紙クロスが敷かれていて、料理はとにかくこの上にサーブされていきます。しかもナイフやフォークもなく、サラダから手づかみで食べるのがこの店のお作法。サラダを手で食べたことなんてないから最初は躊躇しますが、すぐに慣れます(笑

続きを読む "Dancing Crab"

投稿者 B : 22:33 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09 (Sun.)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 @109 シネマズ川崎

『ファンタスティック・ビースト』シリーズの最新作を観てきました。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

本当は IMAX で観たかったんですが、109 シネマズではムビチケ(前売券)が利用できるのは通常上映のみで、IMAX は通常決済しかできないらしく、ムビチケ購入済みだった私は泣く泣く通常の 2D 上映を観てきました。他系列なら IMAX でもムビチケ使えるのに...こんなことならいつもの品川に行けば良かった。

さておき、本作は原題のロゴで "Fantastic Beasts" よりも "The Crimes of Grindelwald" の方が圧倒的に大きいことからも分かるように(笑)、前作とは打って変わって魔法動物はそこまでフィーチャーされません。それ以上に主人公であるはずのニュート・スキャマンダーの存在感さえも薄く、完全にグリンデルバルトが主役だったと言って良いでしょう。なんか『ハリー・ポッター』シリーズを観た、というよりジョニー・デップ映画を観た感覚の方が強い(ぉ。まあ、この先は『ハリー・ポッター』本編に繋がる前日譚としてダンブルドア(ジュード・ロウ)とグリンデルバルトの対決の話が描かれていくんでしょうから、ニュートは狂言回し的な役割が強くなりそうではあります。

続きを読む "ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 @109 シネマズ川崎"

投稿者 B : 21:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08 (Sat.)

TURNING POINT

TURNING POINT

事後報告になりますが、私は実は先月末をもって転職しました。

退職エントリー的なものを書く趣味はありませんが、前前職~前職を通じて応援してくださった方も多いので、簡単にご報告まで。

この期に及んで職を変えようと思ったのは、前職に移る際にやりたかったこと、やれるはずだったことがその後の状況の変化でほぼ実現できないことがハッキリしたから。そのまま働くという選択肢もあったけど、理想と現実のギャップに自分自身が耐えられなくなったことと、四十歳を超えて自分だけでなく家族の将来を考えたときに仕事と生活のバランスを見直した方が良いと判断しました。
今まではバカみたいに自分のやりたいことだけを 100% 優先して職を選んできたけど、人生における優先順位が自分の今よりも子どもたちの将来に入れ替わりつつある中で、新しい仕事はやりたいことの優先度は多少抑えつつ、今の自分がやれること、心身の健康を保って働けること、年収、といったもののバランスの良い落としどころを選んだつもり。今までは縁故での転職しかしたことがなかったからまともに転職エージェントを使ったのも初めてだったし、四十歳を過ぎての転職は(多少覚悟していたとはいえ)いろいろと難しい部分はありましたが。

続きを読む "TURNING POINT"

投稿者 B : 21:30 | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/07 (Fri.)

佐竹商店街

佐竹商店街

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8 G ]

鳥越に行った際に、佐竹商店街をブラブラして写真を撮ってきました。

都内には谷中銀座や戸越銀座、砂町銀座、中野サンモール、アメ横、武蔵小山など有名な商店街は数々ありますが、ここ佐竹商店街はあまり知られていないけど日本で二番目に古い商店街とのこと。ちなみに一番古いのは金沢の片町商店街だそうですが、金沢城~兼六園のすぐ側にあり石川県を代表する商店街である片町とは違い、佐竹商店街は都内にしても地味めの商店街。そこそこ活気がありつつも、ところどころに昭和感が残る何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

佐竹商店街

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

「登録商標 ゼイタク煎餅」。ほらね、見れば見るほどジワジワと味が出てきます。こういう感じのお店が何軒も並んでいて、しかもちゃんと営業している。四十年前ならあちこちで見られたかもしれない光景ですが、それが今でも息づいているというのはさすが日本で二番目に古いだけのことはあります。

続きを読む "佐竹商店街"

投稿者 B : 23:59 | Biogon 21/F2.8 G | Biogon 28/F2.8 G | Photograph | Planar 35/F2 G | α7 III | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06 (Thu.)

鳥越 居酒屋まめぞ その 7

「この穏やかな喧噪。生き生きした商店街は、歩いているだけで元気がもらえる」

佐竹商店街

浅草で写真を撮った後、お昼ごはんを食べに浅草橋のほうまで脚を伸ばしてきました。同じ「浅草」とついていても、ついでというにはちょっと距離のある位置関係だけど、どうしても「あの店」で食べたい気分になって。

あの店にはいつも浅草橋方面から行くので、新御徒町方面にある佐竹商店街をじっくり歩いたのはこれが初めて。なかなか味のある商店街で楽しかったんですが、その話はまた改めて。

おかず横丁

いつも来るときは夜ばかりでほとんどのお店が閉まっている「おかず横丁」も初めて営業時間中に訪れることができました。こういう味噌や漬物、グッと来るじゃないか。

そして今回わざわざやって来たのはもちろんこのお店。

居酒屋まめぞ

居酒屋まめぞ

ついこないだ来たばかりではあるけど、前々から一度ランチタイムに来たいと思っていたんですよね。

私が入ったのはお昼前でしたが、正午過ぎには外に待ちが出るくらい、昼間から人気店のようです。

続きを読む "鳥越 居酒屋まめぞ その 7"

投稿者 B : 22:56 | Drink | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック (0)