b's mono-log

2018/10/16 (Tue.)

Niantic の AR イベントに行ってきました

六本木ヒルズで開催されている Niantic の AR イベントに行ってきました。

現実とゲームの"音"がブレンドする新感覚「ポケモンGO」が登場 - GAME Watch

AR Playground with Niantic

Niantic は言わずと知れた『ポケモン GO』や『イングレス』の開発元。近年は新しい位置情報ゲームタイトルの発表こそありませんが、『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』(これ自体は Niantic の開発ではないものの『ポケモン GO』との連携機能あり)の発売、『イングレス』のアニメ化や新バージョンリリースなど関連する話題が増えている時期だけにプロモーションをかけているというところでしょう。
私はポケモン GO はレイドバトルが始まったあたりでついていけなくなり一度やめていたのですが、フレンド機能の実装をきっかけに復帰して最近またぼちぼちやっています(といっても会社の行き帰り程度ですが)。

AR Playground with Niantic

「Pokemon GO AR 庭園 毛利庭園のジムに登ってみよう!」。VR HMD(Lenovo Mirage Solo)をかぶって円形のステージ上にあるポールを掴みながらグルグル歩くことで VR 空間上のジムを登っていくことができるというもの。ステージ上には階段の段差を感じられるような突起が設けられていて、VR の視覚を触覚でも補うようになっています。
階段を上っていくといろんなポケモンが出現し、頂上では伝説ポケモンがいて六本木を見下ろすことができる...というのが楽しい。六本木の風景は範囲は狭いしモデリングはちょっと粗くて残念でしたが。

AR Playground with Niantic

どこかで見たことがあると思ったら、これ自体は東大が開発した「無限階段」を応用したもののようです。
VR に触覚のフィードバックを加えることでプレゼンス(実在感、没入感)を高める仕組みは面白いのですが、回っているうちにジワジワと自分のポジションがずれていってしまいました。たぶん会場が屋外で、かつ造作物も少ないせいで Mirage Solo の Inside-out カメラでは正しく位置検出しにくいということだと思われます。技術デモとしては面白いけどアトラクションとしてはやや未完成感のあるものでした。

続きを読む "Niantic の AR イベントに行ってきました"

投稿者 B : 21:50 | Game | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/15 (Mon.)

鳥越 居酒屋まめぞ その 6

「生ハムにいぶりがっこに、ブルーマウンテンが共存している。でたらめに近いほど、カオスな店」

居酒屋まめぞ

新潟から某ウマの人が仕事で東京に出てきているというので、久しぶりにご一緒してきました。
場所はご本人のリクエストに沿って『孤独のグルメ Season4』に登場した鳥越の聖地。こうやってリクエストをいただけるのも聖地巡礼者冥利に尽きるというものです(何。

久しぶりに来てみたら、商店街のトレードマークでもある「おかず横丁」の提灯がリニューアルされていました。これはこれで風情があって良いけど、こうも赤提灯だとおかず横丁ではなく「飲み屋横丁」と言いたくなるな(笑。

居酒屋まめぞ

居酒屋まめぞ

「まめぞ」は私がこれまでに巡礼した聖地の中でも五本指に入る名店だと思っています。私が最もリピートした店でもありますが、しばらく忙しかったこともあり実に二年半ぶりの訪店。マスターも女将さんもお元気そうで何より。そして相変わらず予約でいっぱいの人気店のようです。

居酒屋まめぞ

まあまずはヱビスで乾杯。
お通しが自家製と思われるローストビーフというのが嬉しい。けっこう肉厚で、これはお通しを超えたお通しだ。

続きを読む "鳥越 居酒屋まめぞ その 6"

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/14 (Sun.)

Manfrotto befree をアルカスイス型対応に改造

Peak Design の「Capture」を買って α7 III にアルカスイス型クイックシューがつけっぱなしになったことで、手持ちの Manfrotto 製三脚・一脚を使いたいときにクイックシューを付け替える必要が出てきてしまいました。
最近の Manfrotto 製品はアルカスイス型対応のものが増えてきているようですが、さすがに手持ちの雲台を全部買い換えるのはコストがかかる。と思って調べていたら、雲台のクランプ部分だけを換装してアルカスイス型対応に改造している例があるようじゃないですか。というわけで、換装用のクランプを早速買ってみました。

SUNWAYFOTO / クイックリリースクランプ MAC-14

SUNWAYFOTO MAC-14

SUNWAYFOTO という中国メーカー製のクランプです。といっても三脚界はいまや中国メーカーの存在感が日本や欧米メーカーに負けない勢いになってきていますし、この SUNWAYFOTO 製品もアルカ型雲台/シューで日本国内のユーザーもそれなりにいるようで、あまり不安はありません。

SUNWAYFOTO MAC-14

付属品はヘキサネジ、六角レンチにキャリングポーチまで入っていました。私は換装前提で購入したのでキャリングポーチが入っていたのは意外でしたが、既存雲台に取り付けて一時的にアルカスイス型化する用途もけっこうあるということでしょう。

SUNWAYFOTO MAC-14

この MAC-14 はアルカスイス型(アルカスイス型シューは明確に規格化されているものではなく、メーカーによって微妙に仕様が違ったり非互換だったりすることがあるようなのでここでは「アルカスイス互換」ではなく「アルカスイス型」と記載します)だけでなく Manfrotto の RC2 型クイックシューにも対応したハイブリッドタイプのクランプです。RC2 の雲台やクイックシューをいくつも持っていつつピークデザイン沼にもはまってしまった俺大勝利な製品と言えます。

続きを読む "Manfrotto befree をアルカスイス型対応に改造"

投稿者 B : 22:14 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/13 (Sat.)

ORGANICS by Red Bull シンプリーコーラ

先日「レッドブル・コーラ、国内でも発売されてはいるらしいんですがどこにも売ってない」と書いたら何人かの方から売っているお店の情報を教えていただいたので(ありがとうございます)、すかさず買ってきました。

ORGANICS by Red Bull

ORGANICS by Red Bull

通勤ルートにある成城石井にて購入。エナジードリンクや舶来系ジュースのコーナーに並んでいました。他にはドラッグストアでも扱っているところがあるとのことでしたが、近所にあるココカラファイン系列の店舗では売られておらず。
ちなみに当初はコンビニやスーパーばかり探していました。レッドブルが最初に日本上陸した際にコンビニ中心の展開だったので、てっきりコンビニ販路が強いものだと思っていました。

成城石井には本来の目的だったシンプリーコーラに加えて、同じく ORGANICS by Red Bull シリーズに属するビターレモン(レモネード)、スパイシージンジャー(ジンジャエール)もあったのでまとめて購入。海外では同シリーズのトニックウォーターも存在しているようですが、日本向けには発売されていません。日本ではジントニック等の割り材で使うことはあってもトニックウォーター単体で飲む人は少ないから、ということですかね。

ちなみにこのシンプリーコーラカラーを纏ったトロロッソ・ホンダ STR13 のカラーリングがこれ。

ORGANICS by Red Bull

青×赤×シルバーという配色はレッドブル・エナジードリンクのイメージカラーでもありますが、青赤の割合が多いこととレッドブルロゴがシルバーなことから、エナジードリンクではなくシンプリーコーラを訴求するためのものであることが分かります。ちなみに写真のショーカーではリヤウィングにはシンプリーコーラのロゴしかありませんが、実際のレースカーには翼端版の裏に ORGANICS by Red Bull トニックウォーターの塗装が施されているようです。

なおここ 2~3 年のレッドブルはエナジードリンクに加えてシンプリーコーラのブランディングに注力していて、

ORGANICS by Red Bull

エアレースではマット・ホールが 2016~2017 年にシンプリーコーラカラーの機体に乗っていました。

ORGANICS by Red Bull

そして今季のマット・ホール機は ORGANICS by Red Bull のイメージカラーにリペイント。どうやらシンプリーコーラ自体が元々は単独のブランドだったのが、今年から(?)立ち上がった ORGANICS by Red Bull ブランドの一商品という位置づけに変更されたようです。

続きを読む "ORGANICS by Red Bull シンプリーコーラ"

投稿者 B : 22:10 | Gourmet | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/12 (Fri.)

Peak Design ANCHOR LINKS

先日まとめ買いした Peak Design 製品、最後は Anchor Links について。

Peak Design / Anchor Links Camera Strap Quick-Connectors

Anchor Links Camera Strap Quick-Connectors

Anchor Links は「Peak Design 製でない汎用ストラップをほぼ何でもアンカー対応にできるアダプタ」です。Slide や Leash はワンタッチで長さ調節できることも含め非常によくできたストラップだと思いますが、デザインや素材のバリエーションが少なく、好みに合わないことで敬遠している人も少なくないでしょう。しかしこの Anchor Links を使えば自分の好きなストラップをアンカー対応にして、用途や気分に応じて気軽に付け替えることができるようになります。

Anchor Links Camera Strap Quick-Connectors

製品に含まれているのは Anchor Links 本体 2 個とアンカー 4 個(+ロゴシール)。しかしこのパッケージに入っていたアンカーはまさかの V3(リコール対象品)でした。直販で買ったときの荷物に V4 が 1 セット入っていたのはこれが理由だったか...。

続きを読む "Peak Design ANCHOR LINKS"

投稿者 B : 22:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック (0)