b's mono-log

2019/08/17 (Sat.)

BAR THE GINTONICX #9

BAR THE GINTONICX

先日に続いて再び横浜の BAR THE GINTONICX で飲んできました。

お盆期間中の横浜は、いつになく少し空いているような気がしました。

BAR THE GINTONICX

BAR THE GINTONICX

世間的にはお盆休みということで、お店の方も早い時間帯は客入りも少なめ。一方で仕入れの関係でフードメニューがお休みだったりもしましたが、いつもより少し落ち着いて飲みつつマスターと会話することができました。

BAR THE GINTONICX

ドリンクは梨ジントニックから。気がつけばもう 8 月も後半、梨が旬の季節になってきましたね。

梨の甘みにジントニックのスッキリ感がよく合う。この暑さの下での一杯目にちょうどいい。

続きを読む "BAR THE GINTONICX #9"

投稿者 B : 21:20 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/08/16 (Fri.)

東京オリンピック 2020 チケット追加抽選申込

前回の抽選に全て外れてしまった東京オリンピックのチケット追加抽選に申し込みました。

東京2020観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

TOKYO 2020

今回は初回抽選とは違って選べるのは第二希望まで。何に申し込むかは悩ましいところです。
当選しない確率が高くても多少なりと興味のある競技に申し込むか、「とにかく東京オリンピックを観に行った」という思い出作りのために興味がなくても競争率が低そうな競技に申し込むかの究極の選択。さらに盛夏の大会になることから暑さをしのげる会場かどうかという要素も重要になります。独りで観に行くなら多少の暑さはどうとでもするところですが、今回は当選したら家族で行くつもりなので炎天下に野晒しになりそうな競技は避けたい。また興味があっても幕張メッセや埼スタで 22 時台終了のような競技は帰宅できなくなるし、いろいろと条件を考慮していくと案外選択肢がないものです。

最終的に選んだのは前回も申し込んだフェンシングと、屋根付きの会場で(※修正:ハマスタは屋根なしとのことでした)自宅から比較的アクセスしやすいハマスタの野球。どちらも外れてしまう可能性はそれなりに高いとは思いますが、これでダメならあとはもう公式の転売サービスに賭けるつもり。
開幕まで残り一年を切って、個人的には自分自身のチケットの当落よりもむしろ開催期間中の生活や交通がどうなるかのほうが気になり始めています。通勤ルート的にオリンピックの影響をモロに受けるエリアなんですよね。企業によっては期間中のリモートワークを推奨するところも出てきていますが、私の勤務先はどうなることやら...。

投稿者 B : 23:20 | Soliloquy | コメント (2) | トラックバック (0)

2019/08/15 (Thu.)

SIGMA vs ZEISS:α7 用中望遠単焦点レンズ対決

ZEISS vs SIGMA 85mm

Batis 85/F1.8 を買って以来あまり写真を撮りにも出かけられていませんが、この夏休みを利用して以前から考えていた比較検証を行いました。三年前に 50mm/55mm で行ったシグマ vs ツァイス比較の 85mm 版です。

シグマの 85/F1.4 はおそらく私が持っているレンズの中で最も高性能なレンズ。しかしその大きさ重さ故に気力と体力がある日でなければ持ち出す気になれません(´д`)。Batis 85/F1.8 はそれを補って気軽にスナップ等を撮れるようにという狙いで買ったもので、それぞれ棲み分けはできています。でも最新世代の定番中望遠レンズ同士、ガチンコで比べたらどうかは気になるじゃないですか。

ZEISS vs SIGMA 85mm

私が持っているシグマ 85/F1.4 は EF マウント用のため、E マウントで使うにはマウントアダプタ MC-11 と組み合わせることになります。マウントアダプタ込みのサイズで見ると、シグマ 85/F1.4 の幅広のフォーカスリング部に相当する長さがほぼそのままこの二つのレンズの差。重さは Batis の 452g に対してシグマは MC-11 込みで 1,255g(ネイティブ E マウント版は 1,245g)。約 2.75 倍の質量差があります。
特に被写体を決めていない写真散歩レベルの撮影は Batis が限度で、シグマを持ち出せるのは撮りたいもの決め打ちかつ長時間の徒歩移動を伴わない場合に限定されるという感じ。

続きを読む "SIGMA vs ZEISS:α7 用中望遠単焦点レンズ対決"

投稿者 B : 20:58 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/08/14 (Wed.)

旗の台 スペイン食堂 石井 その 4

「俺の胃袋が欲しているのは、胃袋がドギマギするようなパンチのあるメニューだ」

スペイン食堂 石井

旗の台の「スペイン食堂 石井」に久しぶりにやって来ました。6 月頃から東急や西武などの百貨店の催事に出店し始めたのに一度買いに行ってみたら、おいしかったけどやっぱりお店で作りたてを食べたくなったので改めての再訪。『孤独のグルメ』登場店は何度となく行きたくなる店が多いですが、ここはその中でも特にリピートしたくなるお店の一つです。

スペイン食堂 石井

スペイン食堂 石井

今回は初めてカウンター席に通されました。テーブル席も落ち着けて良いけど、一度マスターの仕事ぶりを眺めながら食べてみたいと思っていたから逆に嬉しい。
カウンター上には無数のスペインワインが並べられています。スペインワイン好きとしてはいろいろ飲んでみたくなりますね。

スペイン食堂 石井

それでもこう蒸し暑いと一杯目は生ビールから始めざるを得ません。
一日分の汗を取り戻すかのように胃に染み込んでいくビール。やっぱり夏はキンキンに冷えた生ビールだね!

スペイン食堂 石井

つい先日 Twitter で「生ハム原木が家にあると~」のテンプレが話題となったセラーノハム(生ハム)。
薄切りなんてみみっちいこと言わずにかぶりつきたい気もしますが、よーく見ると蹄が付いているあたり生々しくて躊躇します(汗。でもせっかくだからこれ食べたいじゃないですか。

続きを読む "旗の台 スペイン食堂 石井 その 4"

投稿者 B : 23:14 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/08/13 (Tue.)

みなとみらいの屋内型動物パーク「オービィ横浜」

夏休みレジャーの一環として、横浜みなとみらいにある屋内型動物パーク「オービィ横浜」に行ってきました。

Orbi Yokohama (オービィ横浜)

オービィ横浜

みなとみらいと言えばパシフィコ横浜には時々行きますが、その近くにあるマークイズってほとんど入ったことがありませんでした。その最上階にこんな施設があったんですね。
セガが運営する、屋内型の動物園...というほどの規模ではないにせよ、動物テーマパークというかジョイポリスの動物版というか、そんなイメージです。

料金は入館料(大人 ¥800)+個別課金か全エキシビション(コーナー)を自由に楽しめるパスポート(大人 ¥2,400)がありますが、個別課金もそんなに安くないので基本的にはパスポート購入がお得でしょう。

オービィ横浜

館内はこんな感じ。各エキシビションがガラス張りの部屋に細かく仕切られています。照明はやや暗めで、中の雰囲気は確かにジョイポリス的。
施設の規模的にほぼ小動物しか飼育されていませんが、動物園と違って金網で仕切られておらず動物がよく見えるのは長所と言えます。

オービィ横浜

最初に訪れたエキシビションは「キャットパラダイス」。ネコと触れ合うことができる、いわば「飲み物の出ない猫カフェ」のようなコーナーです。

各エキシビションは行列式で、休日だとどこも 30~60 分くらい待つ必要がありますが、オープン直後であればいわゆるファストパス的な整理券を取ることができるため、朝イチで来るのが良さそうです。

オービィ横浜

十匹以上のネコが自由に闊歩する空間はとても楽しい。ネコの種類もアメショー、ロシアンブルー、ペルシャ、シャム...など幅広いです。
今回は猫好きな次女をここに連れてくることが最大の目的でした。

続きを読む "みなとみらいの屋内型動物パーク「オービィ横浜」"

投稿者 B : 21:26 | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック (0)