スポンサーリンク

オクトラ大陸の覇者「全てを極めし者」クリア

まだ続けている『オクトラ大陸の覇者』、シナリオは「全てを極めし者」までクリアしました。
まあ継続していると言っても平日はほぼデイリーミッションのみプレイして、シナリオを進めるのは休日というプレイスタイルですが。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

旅人(ユニット)は 68 人まで揃いました。当初は全 64 人だった旅人も定期的に追加されていくからコンプリートまでが遠い。しかも 60 人を超えたあたりからガチャを引いても新規がほとんど出てこなくなって、ここ三週間ほど新しいユニットが増えていません(´д`)。ガチャを引くための石(ルビー)も無償ではなかなか入手できなくてけっこう辛い。★5/4.5 ユニットが 9 人いるから攻略にはあまり苦労していないのがせめてもの救い。

Switch 版オクトラからは現在商人トレサが期間限定配布中。しかし何度引いても出ないしもう期間中に出る気がしない(;´Д`)。殺伐とした世界観に癒やしをくれるキャラだから引きたいんですけどね…。
しかしトレサは Switch 版(大陸の覇者の数年後の時間軸)では「地元から出たことがない」という設定だったはずなのが、ここで仲間に加わってしまったら盛大に矛盾することになるんですが、いいんでしょうか(笑

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

メインストーリー「富」「権力」「名声」クリア後のシナリオはその三つの力を得た「全てを極めし者」編。Switch 版でも各キャラのメインストーリーが終わってもその後の冒険の方が長かったので、今回も来るべきものが来たかという感じ。「富」「権力」「名声」は各 3 章仕立てだったのが「全てを極めし者」は全 8 章ですからね。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

マップも拡張されます。ここまではほぼ「大陸の覇者」で初登場した街ばかりでしたが、ここでクリアブルックやサンシェイドといった Switch 版で冒険した街が登場。これは気分が上がります。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

「全てを極めし者」編のストーリーは、オルステラ大陸の覇権を狙うエドラス王国のパーディス三世の挙兵と、それを巡る各国のパワーゲーム。それに主人公たる「選ばれし者」が巻き込まれていく話です。Switch 版が 8 人の主人公を軸とした物語だったのに対して、大陸の覇者は他の誰かが主役の物語にプレイヤーが絡んでいくスタイル。まあ無数にいるプレイヤーキャラを破綻なくストーリーに関わらせようとしたらこうなりますよね。でも Switch 版とは方向性の違う壮大なシナリオは悪くない。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

しかしまあ…脚本が「富」「権力」「名声」以上に胸糞悪い。人は死にまくるしほとんど救いがないように感じるストーリーで、ちょっと希望が持てたと思っても次の章ではそれが絶望に変わる。進めるほどにしんどくなってきます。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

でも要所要所に熱い演出が仕込まれていて、こちらまで胸が熱くなる。プレイヤーはプレイヤーキャラに自信を投影しながら、この群像劇の一員として物語の流れに身を委ねることになります。
しかもドット絵で描かれたキャラクターが細かく演技しているのがまた良い。スーパーファミコン時代でもここまでドット絵キャラを動かすゲームタイトルはなかったんじゃないかと思うほど。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

ラスボスはパーディス三世。彼も「富」「権力」「名声」と同じく「指輪」の所有者です。この指輪、それぞれ「狩王女」「雷剣将」「盗公子」「‎碩学王」というオクトラ世界の各ジョブの守護神の名前を冠しているんですが、このへんの謎もいずれ明かされるんですかね。

オルステラ大陸の命運を賭けた戦いでしたが、平均 Lv65 のパーティで難なく撃破。Switch 版のラスボスくらい厳しい戦いを想像していたからちょっと拍子抜けでした。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

パーディスは何度か変身しますが、最終形態は半ばイベントバトル的でそこまで難易度は高くありません。
でもここまでプレイしてきた中でも最も熱い演出が仕込まれていたりして、こういう展開は嫌いじゃない。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

ラスボス撃破後はエピローグ的な「終章」があって、To Be Continued。ここで終わりではありません。
この物語は神々の力を秘めた指輪の暴走を止め、それを集めて封印する…つまるところやはり『指輪物語』なんですね。しかしオリジナルの『指輪物語』を知っていると、大陸の覇者の指輪はその力を持つことや使うことに対して葛藤する者はおらず主人公の持つ聖火神だけが正義であとは悪というのが単純すぎるし、主人公の持つ聖火神の指輪を誰も奪いに来ようとしないのが不自然。モチーフとして使うだけでなくシナリオの核にするならその辺をもっと掘り下げても良いんじゃないかと。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

「全てを極めし者」編の後は 12 月に配信開始された新章「授けし者」編が始まります。とはいってもまだ序章しか配信されておらずサクッと終わる範囲だったので、現時点で配信されている内容はひととおりクリアした状態に。新章がまた同じような話の繰り返しだったら飽きてしまうかもしれませんが、とりあえず続きが配信されるまではまたデイリー/ウィークリーミッションをこなしつつ、残っているシンボルエネミー(NM)でも倒して過ごしますかね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました