b's mono-log

« STAR WARS: IDENTITIES THE EXHIBITION | メイン | VAIO Pro 11 の SSD を換装する »

2019/08/10 (Sat.)

Amazon Echo Show 5、購入

先月の Amazon プライムデーの際に注文していた Echo Show 5 がようやく届きました。注文に少し出遅れたせいで随分待たされた。

Amazon / Echo Show 5 (サンドストーン)

Echo Show 5

発売直後には「どうせすぐにプライムデーかタイムセールで安売りされるだろう」と踏んでいたらその通りになりました。去年から Echo Dot を使っていてスマートスピーカにディスプレイがつくことの意義は分かっていたので、すかさず購入。人気商品とはいえ三週間以上も待たされるとはさすがに思いませんでしたが...。

Echo Show 5

外観は現行の Echo シリーズ同様にファブリック系になり、生活空間に馴染む質感。今までの Echo Dot に挿していた給電用の microUSB を本体背面のポートに挿してみたところ、動かず(;´Д`)。

Echo Show 5

Echo Show 5 の電源は USB ではなく丸形プラグの専用 AC アダプタなんですね...。ディスプレイつきになって消費電力が上がっているのは分かるけど、ここは何とか USB 駆動にしてほしかったところ。

Echo Show 5

ディスプレイは 5.5inch のためほぼスマホをテーブルトップで横置きにしている感覚です。解像度が WVGA(960x480)だから画質はギザギザで酷いものかなと想像していたら、実物は思っていた以上にスムーズに感じられました。輝度が高めなのとスマホやタブレットよりも離れたところから見るから低解像度がさほど気にならないということでしょうか。YouTube の動画を流してみたところ微妙なカクつきは感じましたが(フレームレートが低い?)、概ね「これなら十分使い物になる」という印象。

Echo Show 5

フロントカメラはレバーを使って「物理的に覆い隠す」ことができます。ソフト的/電気的にオフにするよりも分かりやすくて安心感があるやり方。

Echo Show 5

スピーカはディスプレイベゼルの下部に下向きについていて、テーブルトップに反射させる仕組みになっています。そのため設置場所の素材等によって音質が変わってきますが、基本的には今まで使っていた第二世代 Echo Dot よりはパワーがあり、そう簡単には音割れしません。
音質は相変わらず中域重視だけど筐体が大きいためか低域もけっこう量感がある印象。第二世代 Dot は音楽を聴く気になる音質ではありませんでしたが、これならギリ許容範囲かな。ただ低音は少しボワついて感じるし高音は伸びてこないので、私は引き続き SRS-X33 を Bluetooth 接続して使おうと思っています。

Echo Show 5

ディスプレイなしの Echo シリーズのセットアップは完全にスマホ依存でしたが、Echo Show はディスプレイがついたことで単体でのセットアップが可能になりました。タッチスクリーンで操作できてこれは完全に据置型のスマホですね...。今までは「スマホで操作できるならそれで十分」と思ってましたが、単体で操作できる利便性を一度味わうとスピーカ単体モデルはもう使う気がしなくなりますね。

Echo Show 5

Amazon Music Unlimited を流しているときにプレイ中のタイトルを表示してくれるのがやはり便利。今までは気になった楽曲について「Alexa、この曲何?」といちいち訊かないと分からないし、楽曲によっては Alexa の読み上げが間違っていたり聞き取りにくかったりすることもありましたが、画面に表示してくれるのは楽だし分かりやすい。まさに「百聞は一見にしかず」です。
また歌詞表示に対応している楽曲であれば画面上を歌詞が流れていってくれるので、カラオケの練習にも便利です。

Echo Show 5

あと日常的に Alexa に訊きがちなのが天気。これも Alexa が読み上げるのを待たずに視覚的に理解できるのが良い。
「そんなのスマホでできるじゃん」ということですが、例えば朝の出かけ際に身支度をしながら Alexa に天気を教えてもらう、みたいなときにこれが助かるんですよ。

Echo Show 5

何も使っていないときには自動的にニュースのヘッドラインを(映像だけ)流していてくれたりします。

ああこれデジタルフォトフレームとか Chumby が一度やろうとして定着しなかったやつや...。個人的には当時もこういう使い方を模索していたけれど、SoC やタッチパネルの進歩で機器側のレスポンスが良くなって、さらに音声認識と合成音声が使い物になるレベルになることでようやく実用域に入ってきた...と思うと少し目頭が熱くなります。かつてやろうとしていたことは決して間違ってなかったけど、当時は技術的に十年早かったんや。

Echo Show 5

音声コマンドにディスプレイが応えてくれるのはすごく便利なんですが、唯一の欠点(?)と言えるのは Alexa が喋る前にオチが分かってしまうこと(笑。洋画を字幕で見ているときに外国人よりも日本人が字幕を見て先に笑ってしまう、みたいなバツの悪さがあります。こればっかりはさすがにしょうがないか...。

Echo Dot も買ってからここまで十分元を取るくらい使ってきましたが、Echo Show 5 はさらに活躍してくれる予感。これはダイニングテーブル用だけど、時計代わりにもなるからベッドサイド用にもう一台買おうかなあ。

投稿者 B : 22:25 | Audio | Audio & Visual

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« STAR WARS: IDENTITIES THE EXHIBITION | メイン | VAIO Pro 11 の SSD を換装する »