スポンサーリンク

WALKMAN A100 用「WM-2 風ケース」を作る

ウォークマン A100 のファームウェア Ver.3.0 がリリースされ、進化した高音質化機能「DSEE Ultimate」が使えるようになったり Bluetooth 接続時にもイコライザーが使えるようになりました。発売から 11 ヶ月経っての大規模アップデートは嬉しいですが、これは裏を返せば今年はモデルチェンジをしないということでもありそうです。

ならばちょっと気分を変えてやろうと思い、先日の続きで新しいキャリングケースを作ってやることにしました。

WALKMAN A100 用「WM-101 風ケース」を作る
しばらく外出制限が続いていたせいで最近使えていなかったウォークマン 40 周年記念モデル「NW-A100TPS」を久しぶりにいじりました。 記念モデルを購入したものの、初代 TPS-L2 を象った限定ケースを使い潰すのはもったいないと...

6 月に作ったのは 1985 年発売のウォークマン「WM-101」風デザインのケースでした。これは私が小学生の頃に使っていた思い入れの深いウォークマンで、このデザインのプレイヤーで改めて音楽が聴けるというのはとても嬉しい。でも、これを作ったときに e-Sony Shop テックスタッフさんにいただいていた素材が余っていたので、今回はそれを使います。

CKS-NWA100

余っていたのは「WM-2」デザインの素材。1981 年発売の通称「ウォークマン II」です。私は当時 4 歳だったからさすがに自分で使ったことはありませんが(笑)、象徴的なデザインで歴代モデルの中でも特に強い印象を残す機種だと思います。

このデザインシートを貼り込むために新しい CKS-NWA100 をひとつ買ってきました。安いケースじゃないからあまり何個も作っているとそのうちウォークマンが一台買える金額になってしまいます(汗

CKS-NWA100

いきなり本物を貼り込む前に、まずは普通紙にプリントしたデザインを使って位置合わせとカセット窓のくり抜きから始めます。

だいたいの位置合わせができたら、デザインナイフで窓の部分をくり抜いていきます。

CKS-NWA100

くり抜き完了。WM-101 の窓は長方形でしたが、WM-2 は角丸なためキレイにくり抜くには慎重な作業が必要とされます。

WM-2

このケースに「布プリ」にデザインをプリントして接着芯と貼り合わせた外装を、布専用接着剤を使って貼っていきます。

CKS-NWA100

傾いたりシワができたりしないよう丁寧に作業すること約 30 分、その後念のため 2 時間程度放置して完成。前回よりもキレイに仕上がって自己満足。
フラップの縁の部分がガタガタしているように見えますが、これはフラップを固定するためのマグネットが仕込まれている箇所を避けているためです。

CKS-NWA100

WM-2 の「顔」はカセットテープ窓ではなく本来ならば裏面にあたる側。
ミニマルな外観の中に ’80 年代っぽい細長ボタンが斜めに配置されているのがレトロ感あるけど、今見ても色あせないデザインだと思います。’80~’90 年代ってこういうメカメカしいガジェット(当時はガジェットという言葉も一般的ではなかった)を、使っていないときも蓋を開閉したりボタンを押してみたり、無意味にガチャガチャするのがやたら楽しかった。

NW-A100TPS

カセットテープ窓は WM-101 より大きめ。曲線の部分も比較的キレイに仕上がったんじゃないでしょうか。

なお、WM-2 デザインは WM-101 と違ってちゃんとケースと本体の上下が揃ってはいるのですが、カセットテープを入れる方向が逆。なのでウォークマン A100 の画面をカセットテープ表示にすると、カセットが天地逆に表示されてしまうのが惜しい…。でもこういうのは雰囲気だから大丈夫です(笑

NW-A100TPS

NW-A100TPS 付属のオリジナルケースと自作した WM-101・WM-2 風ケース揃い踏み。WM-101 はブラックだとのっぺりして見えるので、レッドかブルーにした方がデザイン的には映えたに違いありません。

この三種類だと、自分が使っていた WM-101 への思い入れを抜きにすると WM-2 のデザインがやはり抜きんでていますね。しかも実物は初代 TPS-L2 に対して大幅に小型化されているという。この時代(’80~’90 年代)のソニー製品って初代は大きくて武骨なデザインなのに、二世代目でいきなり極限まで小型化してくることが多かったように思います。

NW-A100TPS

私はまだまだリモートワーク勤務継続中につきウォークマンも日常的にはあまり使えていないのですが、休日の外出時に持ち出すのがまた楽しくなりそうです。WM-101 風ケースととっかえひっかえ楽しもうと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました