スポンサーリンク

WF-1000XM3 で AZLA SednaEarFit Short を試す

つい先日、WF-1000XM3 のファームウェアアップデート v2.0.2 が提供開始されました。

ソニー、完全ワイヤレス「WF-1000XM3」がAlexa対応。本体タップで音量調節も – AV Watch

こまごま機能追加されていますが、本体のタップで音量調節ができるようになったのと、Headphones Connect アプリから充電ケースのバッテリ残量が確認できるようになったのが素晴らしい。私が WF-1000XM3 に感じていた不満点が解消されて、満足度がさらに高まりました。

このことに気を良くして…というわけではありませんが、WF-1000XM3 で新しいイヤーピースを試してみました。

AZLA / SednaEarfit Short (ML)

AZLA SednaEarFit Short

WF-1000XM3 のノイズキャンセリング性能を補強してくれる COMPLY は遮音性という点では最強な感じで良かったんですが、ウレタンフォーム系は少し圧迫感もあるし、普段使い用にもう少し軽快に使えるイヤーピースを…と思って SednaEarFit を選択。こちらは最近発売されたばかりのショートモデルで、トゥルーワイヤレスイヤホン用にステムが短めの設計になっています。

AZLA SednaEarFit Short

なお私が以前 T2 Galaxy 用に購入したのは SednaEarFit Light でしたが、今回はノーマルモデルのショートモデルを購入。黒いイヤホンには黒いイヤーピースの方が合うかと思い。Light 版にもショートモデルが存在するのでとても紛らわしい(;´Д`)。

AZLA SednaEarFit Short

WF-1000XM3 付属のイヤーピースと比べると、背がちょっと低め。代わりに開口は SednaEarFit のほうがグッと広く、イヤホンの音を遮蔽せずに耳に届けようという思想が外観からも見て取れます。

AZLA SednaEarFit Short

見た目も純正品のようなフィット感。充電ケースにも干渉することなく収まります。

装着感は耳から脱落するような感覚もなく安定しています。自分の耳にフィットする ML サイズを選んだことで外耳道がちょうどいい具合に密封されるのか、COMPLY ほどではないにせよ必要十分な遮音性もあります。
そして何より音がいい。COMPLY は素材の性質上どうしても高音が減衰してしまう印象がありますが、SednaEarFit はこの広い開口からも分かるとおり出音がそのまま耳に入ってくるというか、まるで振動板が鼓膜に直結しているかのようなダイレクト感。純正イヤーピースよりもさらに良いんじゃないでしょうか。

今後は普段使いは SednaEarFit、出張などの長時間の移動を伴う日には遮音性重視で COMPLY、と使い分けていこうと思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました