スポンサーリンク

CONTAX G 用の新しい AF マウントアダプターが気になる

コンタックスGレンズでAF撮影できるEマウントアダプター – デジカメ Watch

昨年末のニュースですが、CONTAX G-ソニー E の AF 対応マウントアダプターに新製品が登場しました。中国系のカメラ関連製品メーカーの日本向け輸入代理店を務める焦点工房が自社ブランド「SHOTEN」でリリースする製品です。マウントアダプターメーカーである TECHART や KIPON、K&F Concept の商品を取り扱っていながら最近は自社ブランド製品も精力的に発売していますね。

CONTAX G-ソニー E 用の AF マウントアダプターとしては既に TECHART TA-GA3 が存在していますが、6 年半ぶりに同ジャンルの製品が登場したことになります。
TA-GA3 はオリジナルボディでしか AF が作動しない CONTAX G レンズを E マウントで AF 駆動させる画期的なマウントアダプターで、私も当時は嬉々として購入しました。が、AF はお世辞にも速いとは言えなかったのに加えて、像面位相差 AF に対応できなかったため α7 II 以降の機種では使用する際に設定変更が必要だったことで面倒になり、次第に使わなくなっていたのでした。

CONTAX G mount

が、今回の SHOTEN GTE は TA-GA3 とは異なり、CONTAX G レンズ内蔵の AF 機構を一切使用せず、マウントアダプターを使ってレンズ全体を前後に駆動させることで AF 対応してしまう、つまり M マウント用の TECHART LM-EA7 と同じ仕組みを採用することで像面位相差 AF でも使用が可能になりました。また AF 速度も TA-GA3 に比べれば使い物になるレベルということで、E マウントの初期から CONTAX G レンズ群を使い続けてきた私としては非常に気になります。

このまま買ってしまいたい勢いなのですが、これを使うなら CONTAX G レンズと見た目が最高にマッチする α7C も欲しくなってしまうこと請け合いなんですよね…。今メインで使っている α7 III から中身がほとんど変わっていないから買い増しも微妙なところなんだけど。でも α7C なら純正レンズを使わずに CONTAX G レンズ+GTE、M マウントレンズ+LM-EA7、それとシグマの I series あたりを揃えてあたかも別のレンズシステムのように運用するのも楽しそうだな…とか。先立つものがありませんが、妄想はやたらと膨らみます。

コメント

  1. 新年あけましておめでとうございます。
    今年も情報を楽しみにしています。
    よろしくお願いします。

    さて、、、ノーマークでした。
    年末に私もα7Cのシルバー欲しくなって、ファインダーも小さいなりに使えそう、
    なんて思っていましたが、オリンパス最後のいわゆるプロ機E-M1Xが半額になっていたので
    望遠域はMFTと思い、導入。するとCONTAXも使えたことを思い出したのですが、
    軍幹部が干渉して使えないことを思い出して、PanasonicのGX8のシルバーを導入して
    Gレンズ付けて遊んでいます。基本はα7R4で使っていますが、こんなものが出ていたんですね。
    やっぱり持ち歩き用にα7C欲しくなりますね。
    最近、α7CとGX8はよく似た大きさとコンセプトと思っています。違うのはセンサーサイズ。
    mark2でEVFが良くなるのを待とうかなんて考えていました。

    私のαは、FEマウントは35ZAと55ZAだけであとは、Aマウントをメインに使っています。
    LA-EA5で使っていますが笑。
    Bさんの妄想は、確かに、、と納得してしまいました。
    もう少し情報で揃ってから考えたいと思います。SIGMAのiシリーズもよそそうですしね。

    • B より:

      こちらこそ本年もよろしくお願いいたします!

      Twitter で澤村徹さんとも少し会話したのですが、このアダプター本当に良さそうなんですよね。
      パナ GX8 と α7C は確かによく似ていますが、個人的には CONTAX G レンズを使うならやっぱりオリジナル画角で使いたいです。
      α7C はスペック的にはもう一声という感じですが、モデルチェンジするとしても 2~3 年後でしょうし今買っちゃってもいいかな…。
      ただしこれに手を出すと M マウントレンズの拡充や I series など歯止めがきかなくなりそうなのが悩みどころです(笑

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました