スポンサーリンク

F1 メキシコシティ GP 2022

止める者なしフェルスタッペン、歴代最多の年間14勝。メルセデス力及ばず……角田裕毅は接触DNF|F1メキシコシティGP
F1第20戦メキシコシティGPの決勝レースでは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝。角田裕毅(アルファタウリ)は接触によりリタイアとなった。

前戦で両チャンピオンシップが確定し、あとは 2 位以下の順位を確定させるためのレースとなったメキシコシティ GP。今回も終わってみればフェルスタッペンの圧勝でしたが、復活してきたメルセデスのおかげで見応えのあるレースとなりました。

■レッドブル

フロントロウを分け合ったメルセデスとの間でタイヤ戦略が異なり、どっちが正解か分からないまま始まったレースでした。当初はソフトスタートだったレッドブル勢が 2 ストップ、ミディアムスタートのメルセデス勢は 1 ストップとみられ、最終的にどちらが速いのか?と競うレースだと思っていたら…なんとレッドブルはソフト→ミディアムの 1 ストップ。最後までタイヤを労ることに成功し、最終的にフェルスタッペンは大差でハミルトンを下すことに成功しました。ペレスもハミルトンにはついていけなかったものの 3 位フィニッシュ、もしタイヤ交換の際に 3 秒程度のロスをしていなければ 2 位争いができていただけに惜しかったところですが、母国グランプリで二年連続の表彰台は立派。ドライバーズランキングでもレッドブルの 1-2 フィニッシュが見えてきました。

それにしてもレッドブルは強い。もうフランス GP 以来チームとして 9 連勝中、フェルスタッペン個人としては年間 14 勝をマークして歴代最多勝記録更新ですからね。つくづくホンダが「公式には撤退」していることになっているのが惜しすぎる。

Red Bull Racing

■メルセデス

前戦オースティンに続いて「勝利まであと一歩」のところに迫ったメルセデス。最終的にはレッドブルのタイヤ戦略に負けた形にはなりましたが、レッドブルが 2 ストップとみられていたレース中盤までは今回こそメルセデスに勝機があるように見えていました。昨年のフランス GP のようにピットストップを減らして逃げるハミルトンとフレッシュタイヤで猛追するフェルスタッペンのタイムレースが見られることを期待していたのですが(笑)、最終的にはそうはなりませんでしたね。でも(以前にも書いたと思うけど)レッドブルがフェラーリではなくメルセデスと争っているときの方がレースに緊張感があって面白い。一方のフェラーリは今回のレースでは完全に空気でしたね…。

今季のメルセデスはサーキットによる浮き沈みが激しく、マシン性能が安定しない印象がありましたが、オースティンで投入したアップデートによっていよいよ本物になってきたと見て良いんでしょうか。またクルマが仕上がり始めた後半戦ではハミルトンが僚友ラッセルを圧倒し始めているのも興味深いところ。この勢いで来シーズンは再びレッドブル vs. メルセデスの構図になってくれることを期待します。

■アルファタウリ

フリー走行から好調で、アメリカ GP に続いての入賞が期待された角田裕毅。予選は 13 番手、決勝も入賞圏を賭けてノリスと争っていたのですが…ソフトタイヤで猛追してきたリカルドの強引な仕掛けにぶつけられてリタイヤ。アレはいくらなんでもナシじゃないかねリカルドよ…。
結果は非常に残念ではありましたが、フリー走行から決勝でリタイヤするまでコンスタントにガスリーの前にいられたのは良かったと思っています。残り 2 戦この状況を続けて、来シーズンのチームリーダーに相応しいことを照明してほしい。

チームメイトのガスリーはここで鈴鹿から三戦連続となるペナルティポイントを受け、あと 2 点加点されたら出場停止という状況。アメリカ GP でペースに勝る角田を先行させなかった件といい、離脱前にチーム内での力関係が変わり始めたことに何か焦ってる?

次は二週間後のサンパウロ(ブラジル)GP。日本からの観戦はちょっと辛い時間帯ですが、引き続き頑張りましょう…。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました