スポンサーリンク

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN

シグマ、ミラーレス専用設計の「24-70mm F2.8 DG DN | Art」を開発 – デジカメ Watch

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN

シグマがミラーレス専用の大口径標準ズームレンズ「24-70mm F2.8 DG DN | Art」の開発を発表しました。

夏に発表した 14-24/F2.8 DG DN に次ぐ二本目のミラーレス専用ズームレンズ。フルサイズ対応の 24-70/F2.8 というスペックのレンズは既にレフ機用のモデルが発売されていますが、この DG DN はミラーレス専用に新規設計されています。フランジバックが短いミラーレスの特性を活かしてレフ機用よりも小型軽量にできるのが特長で、レフ機用 24-70/F2.8+MC-11/21 よりも 1cm 短く 300g 以上軽くなるようです。シグマが今まで既存レンズの E/L マウントネイティブ化対応を単焦点レンズ群に絞ってズームレンズを出し渋ってきたのは、ミラーレス用のズームは専用設計のレンズ群を投入する計画があったためでしょう。

以前から純正 24-70/F4 の買い換えを考えている α7 ユーザーとしては気になるところですが、多少コンパクトとはいっても純正 24-70/F2.8GM と重さが大差ないのがネック。F2.8 通しズームが欲しいけど G MASTER は買えない、という場合の代替案にはなるけど F4 通しズームの高画質版が欲しい私にはちょっと違います。そんなわけで、一応 E マウント版も出るけどこのレンズは本来 L マウントユーザーに主眼を置いたレンズなのでしょう。しかしそれにしてはレンズ内手ブレ補正非搭載なのが悩ましいところで、ボディ内手ブレ補正のない fp とそもそも好感度に弱いに違いないフルフレーム Foveon でこのレンズをどう使えというの…という疑念が湧いてきます(;´Д`)。まあ FFF はともかく fp なら ISO 感度上げて使ってね、ということなのでしょうが。

おそらく今後のロードマップとしては、大口径単焦点レンズ群は主要な焦点距離を網羅したから当分出さないだろうし、F2.8 ズームも広角~標準まで揃ってしまったので、当面は 45mm F2.8 Contemporary のような小型軽量なミラーレス用レンズやサンニッパなどの望遠系で欠けているラインアップを埋めていくことになるのでしょう。気になるのは、小型化が難しい望遠レンズでミラーレス専用設計のものが出るのか、それともレフ機と共通仕様のままいくのか。150-600 や 60-600 などのレンズに E/L マウントネイティブ版が出てきていないことが引っかかります。AF スピードを稼ぎたければ専用設計のほうが向いていると思うけど。
個人的には、F2.8 ズームまで出し終わったら今度は DG DN Contemporary シリーズと同様のコンセプトで軽量コンパクトな F4 通し標準ズームを作ってほしいところですが、最近のシグマはそういう方向性ではなさそうなんですよね…。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました